介護福祉士記事一覧

高齢化が進む日本では、介護問題が非常に深刻な問題として取り上げられています。介護施設は常時満員であることが多く、今後もまだまだ増えることが見込まれています。ここで問題になるのが、職員不足です。介護福祉士やホームヘルパーなどの需要は、伸びる一方となっています。介護の仕事に就きながら、在職期間と従事期間を満たして国家資格である『介護福祉士』の資格取得を目指す方も少なくありません。介護福祉士の業務内容身...

介護福祉士の活躍の場は、大きく分けて2つあります。ひとつは『利用者が高齢者の介護サービス』もうひとつは『利用者が障害者の介護サービス』です。利用者が高齢者の場合・在宅介護在宅で介護を必要とする利用者への、介護サービスを行います。家事と食事などの身体介護などが主な業務となります。施設介護特別養護老人ホームや老人保健施設など、介護施設で介護サービスを行います。食事、入浴、移動、排せつなど、利用者のニー...

高齢化が進み、介護問題は深刻です。介護する方の孤独化や心的ストレス、家族間でのトラブルなど、問題は日常に潜んでいます。現在、日本の介護において、プロの手を借りることは珍しいことではありません。そうすることで介護を受ける側はプロの介護を気持ち良く受けることができ、その家族は優しい気持ちで介護の現状を受け止めることができるのです。介護に従事する職業には介護福祉士やホームヘルパーなどがありますが、ここで...

高齢化が進み、介護問題が大きな社会問題となっています。日本において介護問題に変化がもたらされた背景には、介護福祉士の存在とその資格、施設の存在が大きく関与していると言えますね。介護福祉士は国家資格です。国家資格には様々な資格がありますが、受験資格や制度について介護福祉士ほど複雑なものはないでしょう。・在職期間・従事期間など、介護実務経験の申請が必要とされています。ですから、中には「介護福祉士資格を...

日本の高齢者社会において、介護問題は深刻です。その一方で、介護職が充実し、同時に介護問題を緩和しているのは、介護福祉士の存在が大きく影響しています。介護福祉士は国家資格です。ほかのどの国家資格とも違う点として、一定の在職期間や従事期間の申請が必要となっています。しかし、介護の仕事に携わっているにも関わらず、『介護に従事した』と認められないケースもあるということを覚えておいてください。重要なのは、業...

高齢者社会において大きな問題となっている『介護問題』は、介護福祉士の存在により着々と変化を遂げています。介護福祉士の資格は国家資格です。受験資格には、一定の在職期間と従事期間が必要ですが、もちろん内容は『介護業務』です。では、介護業務とは、一体どこからどこまでを指すのでしょう。介護施設での労働全てが介護業務に当てはまるわけではありません。介護業務に当てはまらないケース介護が主な業務になっていない場...

高齢者社会が進むにつれ、介護問題は大きな社会問題となっています。日本国民の介護問題について大きな変化をもたらしたのは、介護福祉士の存在とその資格の有無や技術・知識の豊富さではないでしょうか。専門家という立場で現場に立ち、介護が必要なユーザーやその家族の立場で物事を考えサポートすることの大切さとともに難しさもあるでしょう。介護福祉士は国家資格です。平成28年度より受験資格が変更されます。平成28年度...