介護休業給付金とは?

『介護休業給付金』は、介護休業制度による最長93日間の介護休業中の賃金を補填するものです。
介護休業制度を利用することで賃金の低下があった場合、雇用保険から給付金が支払われる制度です。
なお、介護休暇では介護休業給付金の対象にはなりません。

 

介護休業給付金の対象者

負傷や疾患により、心身のいずれか或いは両方の障害があり、2週間以上の常時介護を必要とする要介護者が家族にいる、64歳以下の労働者。
週20時間以上の労働をしている、雇用保険の一般被保険者。
介護休業開始前2年間、または正当な理由がある場合のみ最長4年間に、賃金支払い基礎日数11日以上の月が12ヶ月以上ある。
介護休業期間中の1ヶ月に、休業開始前の1ヶ月あたりの賃金の80%以下の賃金である。
事業主に対する介護休業の申請を事前に行い、了承を得ている。

 

ただし、日雇い労働者や勤続1年未満の労働者、休業開始から93日以内に雇用が終了する労働者、1週間に2日以下の労働の場合、65歳以上の場合には、対象となりません。

 

介護休業給付金の支給期間

家族の要介護者ひとりにつき、通算93日まで支給を受けられる。

 

介護休業給付金の支給要件

介護休業開始日から1ヶ月ごとに区切り、初日から末日まで雇用保険の一般被保険者資格を有している。
介護休業開始日から1ヶ月ごとに区切り、就業している日数が10日以下である。

 

対象となる要介護者

配偶者、父母、子、配偶者の父母、同居し扶養している祖父母、兄弟姉妹、孫の場合に認められます。

 

介護休業給付金制度の利用が可能な回数

要介護者ひとりにつき、要介護状態になるごとに1回。

 

ただし同じ対象者で、異なる要介護状態で再び取得した介護休業の場合、介護休業給付金の対象となる。
この場合、介護休業給付金の支給日数の通算は93日までとなる。

 

介護休業給付金の支給額

休業開始時賃金日額×支給日数×40%

 

『休業開始時賃金』
賃金日額を算出し、賃金月額を計算します。

 

・賃金日額=休業前6ヶ月÷180
・賃金月額=賃金日額×30

 

賃金月額には上限下限が定められており、毎年8月1日に変更されます。

 

事業主からの賃金がゼロの場合 : 賃金月額の40%
事業主からの賃金が40%以下 : 賃金月額の40%
事業主からの賃金が40%〜80%未満 : 賃金月額80%−実際の賃金
事業主からの賃金が80%以上 : 介護休業給付金はナシ

 

介護休業給付金の申請は事業主が行いますので、労働者から介護休業の申請をするときに介護休業給付金の申請を依頼すると良いでしょう。

介護福祉士・ヘルパー求人情報

《大分県別府市》介護福祉士正社員募集
所在地

大分県別府市

募集職種

介護福祉士

雇用形態

常勤

業務内容

介護老人保健施設における介護業務全般、身体介護

応募資格

介護福祉士免許証

勤務時間

(1)8:30〜17:30
(2)7:00〜16:00
(3)10:00〜19:30
(4)17:00〜翌9:00

給与

月給190,000円〜230,000円
想定年収2,673,000円〜3,255,000円
※面接後、経験やスキル、前職給与を考慮しご提示いただけます。

 

《 静岡県伊東市》ヘルパー正社員募集
所在地

静岡県伊東市

募集職種

ヘルパー

雇用形態

常勤

業務内容

施設介護業務全般(入浴介助、食事介助、更衣、移動など)

応募資格

ヘルパー2級資格以上

勤務時間

日勤 8:30〜17:00
夜勤 16:30〜9:00
早番 6:45〜15:15
遅番 10:30〜19:00
※週2〜3日、日勤のみ、短時間等応相談

給与

190,000円〜

 

>>介護福祉士・ヘルパー求人が9000件超!失敗しない転職!