要介護認定調査

介護保険サービスを受けるには、要介護認定が必要です。

 

かかりつけ医に意見書を書いてもらい、各市区町村の介護保険担当窓口で申請を行います。
要介護認定の申請の後、1週間以内に訪問調査員が自宅を訪問し要介護者の心身の状況などについて認定調査が行われます。
要介護認定の結果次第で、介護保険サービスの利用が必要かどうか、或いはその区分などが決定します。

 

要介護度の認定は、保健・医療・福祉の専門家らによる介護認定審査委員会が行います。
自分たちが感じている状況と、介護認定審査委員会が下す結果に大きく差があり、認定結果が届いてから「こんなはずはない!」という場合も多々あるようです。

 

要介護者の状況をより理解してもらうため、要介護認定調査を受ける前のポイントがあります。

 

・認定調査の質問項目の確認
認定調査の質問項目は74あります。
矢継ぎ早の質問に答えることで、普段の状況が上手く伝わらない場合もあります。
質問内容をインターネットなどで事前に調べて、回答の整理をしておきましょう。

 

・普段の介護内容をメモする
いつ・誰が・どのような介護を行っているのか、なるべく細かくメモをし、特に認知症などで問題行動がある場合には行動を細かに記録しておくと良いでしょう。
メモを調査員に手渡し、当日の様子で分からないことも伝えましょう。

 

・過去の病歴やケガなどをメモする
要介護認定の判断基準である主治医の診断書には、全ての既往歴は記入されていません。
メモにして、調査員に手渡しましょう。

 

・現在、困っていることを具体的にメモしておく
「何に、どう困っているか」を詳しくメモし、より正確な状況を知ってもらいましょう。
要介護者が困っていること、介護者が困っていることの、両方を書くようにすると良いですね。

 

・本人の前で言いにくいことはメモしておく
要介護者が他人に弱いところを見せたくない人だったり、プライドが高い人の場合、調査員とは言え他人に話すことを嫌がるケースがあります。
調査員は、家族の話しと要介護者本人の話しが違って混乱する場合もありますので、状況を前以てメモにまとめておき、調査当日調査員に渡すようにしましょう。

 

上記のことに注意し、当日を迎えましょう。
また、認定調査当日は必ず家族が立ち会い、要介護者についてはより詳しく、困っていることなどを具体的に伝えるようにしましょう。
重要なことは、ありのままの状況を正確に伝えるということです。
実際の状況より控えめに伝えて、適切な要介護認定を受けられなかった例はたくさんあります。
また、逆に大袈裟に伝えて要介護度を上げようとすると、「主治医の意見書と一致しない」と判断し、再調査となってしまうケースもあります。
正直にありのままを伝えることが大切です。

介護福祉士・ヘルパー求人情報

《静岡県浜松市》介護福祉士正社員募集
所在地

静岡県浜松市

募集職種

介護福祉士

雇用形態

常勤

業務内容

グループホームでの介護業務

応募資格

介護福祉士免許証

勤務時間

(1)9:00〜18:00
(2)7:00〜16:00
(3)11:00〜20:00
(4)20:00〜翌7:00

給与

月給218,000円〜300,600円
想定年収3,129,000円〜4,308,600円
※面接後、経験やスキル、前職給与を考慮しご提示いただけます。

 

《 兵庫県神戸市》介護福祉士正社員募集
所在地

兵庫県神戸市

募集職種

介護福祉士

雇用形態

常勤

業務内容

デイサービスセンター内での介護業務

応募資格

介護福祉士免許証

勤務時間

9:00〜17:45

給与

月給186,500円〜251,500円
想定年収2,850,000円〜3,500,000円程度
※面接後、経験やスキル、前職給与を考慮しご提示いただけます。

 

>>介護福祉士・ヘルパー求人が9000件超!失敗しない転職!