介護についてA記事一覧

介護保険は、特別な手続きをすることなく40歳以上の全ての方が加入します。介護保険の被保険者は、65歳以上の「第1号保険者」と40〜64歳までの「第2号保険者」に分けられています。「第1号被保険者」は、医療保険被保険者証と同様、介護保険被保険者証が郵送され、「第2号被保険者」は、要介護認定の申請により「要支援」「要介護」が認定されれば、認定通知書と一緒に介護保険証が郵送されます。つまり、介護保険のサ...

介護保険のサービスの申請には、まず要介護認定を受けなくてはいけません。介護サービスを利用するためには、「第1号被保険者」も「第2号被保険者」も要介護認定が必要です。1.かかりつけ医に意見書を書いてもらえるか確認しましょう。かかりつけ医がいない場合、居住地の地域包括支援センターで相談すると良いでしょう。2.各市区町村の介護保険担当窓口で、介護保険申請書に記入して申請を行いましょう。申請は、地域包括支...

介護保険サービスを受けるためには、申請が必要です。その際、認定結果は「非該当(自立)」(介護保険の対象にならない)、「要支援1〜2」(予防対策が必要)、「要介護1〜5」(介護が必要)に分けられます。認定結果通知書には認定結果が記載され、保険証と一緒に郵送されます。*認定結果が不服な場合、都道府県の介護保険審査会に60日以内に不服申し立てを行うことができます。要介護状態区分要支援1掃除や身のまわりの...

介護保険のサービスは、『要支援1〜2』の「予防給付」と、『要介護1〜5』の「介護給付」があります。予防給付は、それ以上状態が悪くならないよう、生活機能の維持と改善を目的としています。介護給付は、必要とする介護を受けることが目的です。利用できるサービスはそれぞれ規定があります。介護給付で利用可能な施設・介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム(要介護3以上)常に介護を要し在宅生活が困難で、日常生活の世話...

介護保険サービスを受けるには、要介護認定が必要です。まず、かかりつけ医に意見書を書いてもらい、各市区町村の介護保険担当窓口で申請します。認定終了後、認定結果が郵送され、介護保険サービスの利用が必要は不要かの判断がされます。必要な場合には「要介護1〜5」「要支援1〜2」と要介護度が決定され、不要であると判断された場合「非該当(自立)」という通知が届きます。介護保険のサービスは、『要支援1〜2』の「予...

介護保険サービスは3つに分けられます。在宅サービス在宅介護のサポートを目的とし、訪問、通所、短期入所、「その他」があります。・訪問利用者が最も多く、自宅をホームヘルパーが訪問し、家事や買い物などの生活援助、入浴などの身体介護を受けられます。・通所日帰りで通所介護を受けるデイサービス。(入浴や食事の介助、日常動作の訓練、健康チェックなど)日帰りで通所リハビリを受けるデイケア。(入浴や食事の介助、機能...

介護保険サービスを受けるには、要介護認定が必要です。かかりつけ医に意見書を書いてもらい、各市区町村の介護保険担当窓口で申請を行います。要介護認定の申請の後、1週間以内に訪問調査員が自宅を訪問し要介護者の心身の状況などについて認定調査が行われます。要介護認定の結果次第で、介護保険サービスの利用が必要かどうか、或いはその区分などが決定します。要介護度の認定は、保健・医療・福祉の専門家らによる介護認定審...

労働者は、『介護休暇』を取ることが可能です。また、『介護休暇』とは別に『介護休業制度』もありますので、合わせて検討すると良いでしょう。『介護休暇』は、要介護者が家族にいる場合、労働者が介護のために休暇を取ることができる権利です。要介護者ひとりに付き、年間5日までの休暇が認められ、要介護者がふたり以上いる場合には年間10日までとなります。『介護休暇』は、育児・介護休業法に定められており、労働者の申請...

労働者は、『介護休業制度』を利用することが可能です。また、『介護休業制度』とは別に『介護休暇度』もありますので、合わせて検討すると良いでしょう。『介護休業制度』は、要介護者が家族にいる場合、労働者が介護のために休業できる制度です。最長93日間の休業が認められる、育児・介護休業法に定められた制度で、介護休業の申請は事業主が拒むことはできません。介護休業制度の利用が可能な対象者負傷や疾患などで心身のい...

『介護休業給付金』は、介護休業制度による最長93日間の介護休業中の賃金を補填するものです。介護休業制度を利用することで賃金の低下があった場合、雇用保険から給付金が支払われる制度です。なお、介護休暇では介護休業給付金の対象にはなりません。介護休業給付金の対象者負傷や疾患により、心身のいずれか或いは両方の障害があり、2週間以上の常時介護を必要とする要介護者が家族にいる、64歳以下の労働者。週20時間以...

要介護者を家族に抱える労働者は、仕事と介護の両立のために受けられる制度があります。介護のための時間を捻出するためにある制度に、「介護休業制度」や「介護休暇」があります。また、育児・介護休業法および厚生労働省告示において、要介護者を家族に持つ労働者の申し出により、事業主にはそれに対する措置や配慮が定められています。【1】時間外労働の制限要介護者を家族に持つ労働者からの申し出があった場合、事業主は正常...

現在、家族の介護をしている方、無理をしていませんか?心まで疲弊していませんか?どうか、心にゆとりを持てる介護を実践してください。介護の開始は突然やってきます。どんなに心構えができていても、いざ始まると慌ててしまうものです。状況によっては、ひとりで全てを抱え込んでしまう場合もあるようですが、それは最も良くない介護の形です。調査結果によると、介護の期間は平均14年3ヶ月です。14年という年月は、子ども...

現在、家族の方の介護をしている方、無理をしていませんか。調査によれば、介護の期間は平均14年3ヶ月です。子どもの成長を見守る14年はあっという間に過ぎますが、介護に携わる14年は気が遠くなりそうですね。その間、常に全力投球することは不可能ですし、ひとりで全てを背負ってしまうと心も体も壊れてしまいます。介護は、その負担の大きさと孤立感により、家庭の崩壊を招くケースも少なくありません。どうか、無理をし...

現在、家族の方の介護をしている方、無理をしていませんか。調査によれば、介護の期間は平均14年3ヶ月です。子どもの成長を見守る14年はあっという間に過ぎますが、介護に携わる14年は気が遠くなりそうですね。その間、常に全力投球することは不可能ですし、ひとりで全てを背負ってしまうと心も体も壊れてしまいます。介護は、その負担の大きさと孤立感により、家庭の崩壊を招くケースも少なくありません。どうか、無理をし...