介護の現場、認知症の原因

高齢化が進み、介護問題が大きな社会問題となっています。
介護が必要になるキッカケとして、ケガ、体の病気、心の病気などがあります。

 

中でも認知症は、介護が必要な高齢者で2番目に多い原因となっています。
認知症のことをどれだけご存知ですか?
意外と正しい知識を持っている方は少ないのではないでしょうか。
「自分には関係ない」と思っているかもしれません。
しかし認知症は決して特別な方だけが患うものではないということをまず認識してください。

 

ここでは、認知症の原因になる病気について考えてみましょう。

 

認知症の原因になる病気は、実に約70種類もあると言われています。
その80%以上が「アルツハイマー病」と「脳血管障害」のいずれか、或いはその合併症によるものです。

 

認知症の原因になる病気

・アルツハイマー病
体の病気とは無関係に、脳の神経細胞が変性または死滅し、脳の萎縮が起こります。
認知症の原因としては、最も多い病気です。

 

・脳血管障害
脳血管疾患いわゆる脳卒中で、脳細胞に十分な血液が回らなくなり、部分的に脳の機能を喪失します。

 

・びまん性レビー小体病
脳幹や大脳皮質に「レビー小体」という異常な物質が蓄積され、パーキンソン病のような症状が現れ、「幻視」の症状が現れます。

 

・前頭側頭葉変性症
代表にピック病があります。
アルツハイマー病では側頭葉内側や頭頂葉の萎縮が目立ちますが、前頭側頭葉変性症では前頭葉や側頭葉前方の萎縮が目立ちます。
性格が変わり、社交性の欠落、無遠慮、また暴力などの症状が現れます。

介護現場の体験談『ヘルパーになったキッカケ』

12年ほど前、母が信号を横断中に車に轢かれました。
ドライバーの前方不注意が原因で、母は大けがをしたのです。
手術をして、回復を待ってリハビリをしましたが、完全に生活に不自由がなくなったわけではありませんでした。
退院して自宅に戻ってからは、私と父が仕事でいない時間帯はヘルパーさんに来てもらう生活になりました。
しかし、ヘルパーさんがいてくれる時間はこちらの要望通りにはいかず、思った以上に短時間でした。
私も父も仕事が終わると真っ直ぐ帰宅して、母をお風呂に入れたり、食事の介助をしたりと、毎日が大変でした。
少しでも母が快適に過ごせるように、また私も介護の知識を身に付けるために、私はヘルパーの資格を取ることを決めました。
資格取得自体はそんなに苦労はなく、勉強したことは母との生活の中ですぐに役立ちました。

 

退院後も続けていたリハビリのお陰で、母も少しずつ自分のことができるようになってきた頃、私が勤めていた会社で人員整理があったのです。
仕事は好きでしたが特に固執した思いもなかった私は、依願退社という形で会社を辞めました。
頭の中では、ヘルパーとして働こうと決めていたのです。

 

母は私の決断に賛成してくれましたし、とても喜んでくれました。
ヘルパーとして働くようになって10年経ちましたが、母のように困っている人のところへ行って少しでも役に立てたらという思いは、初心から変わっていません。
キッカケは母の事故でしたが、私は天職だと思って誇りを以て頑張っています。

介護福祉士・ヘルパー求人情報

《愛知県名古屋市》介護福祉士正社員募集
所在地

愛知県名古屋市

募集職種

介護福祉士

雇用形態

常勤

業務内容

特別養護老人ホームでの介護業務全般

応募資格

介護福祉士

勤務時間

(1)7:00〜15:45
(2)9:00〜17:45
(3)10:45〜19:30
(4)17:00〜翌11:00

給与

月給178,300円〜231,800円
面接にて委細決定します。

 

《香川県高松市》ヘルパー正社員募集
所在地

香川県高松市

募集職種

ヘルパー

雇用形態

正社員:常勤

業務内容

介護老人保健施設において、入所者、通所者の介護業務全般

応募資格

ヘルパー2級以上

給与

148,500円〜176,000円 ※夜勤別途
基本給137,000〜 ※経験により算出

 

>>介護福祉士・ヘルパー求人が9000件超!失敗しない転職!