ホームヘルパー2級が介護職員初任者研修に移行

高齢化が進み、介護問題は大きな社会問題となっています。
介護現場は多様化が求められ、職員のレベルアップと共に人材養成が重要となっています。
そこで介護に携わる人材養成の在り方が見直され、キャリアパスを分かりやすくしたことで、平成25年4月より「ホームヘルパー2級」が「介護職員初任者研修」へと移行されたのです。

 

「ホームヘルパー2級」から「介護職員初任者研修」へ移行になり、「ホームヘルパー2級」の資格は廃止になりましたが、資格取得者は「介護職員初任者研修」と同等の資格が認められます。
但し、これから研修を受ける方は、「ホームヘルパー2級」の研修課程とは異なりますので注意が必要です。

 

「介護職員初任者研修」の研修課程全体の時間数は「ホームヘルパー2級」と同様130時間ですが、『施設実習30時間』が廃止となりスクーリングでの実技時間が増えました。
また、以前はなかった修了試験が行われ、知識の定着が図られています。

 

この資格は、日常生活に支障がある高齢者や障害者の家庭を訪問し、食事、入浴、排泄などの身体介護や、調理、洗濯、掃除、買物などの生活援助など、日常生活全般の援助が主な仕事です。
また、老人保健施設や養護老人ホーム等の介護福祉施設への就職も可能です。

 

最近では、家庭における介護のために講義を受けて資格を取るという方もいらっしゃいます。

 

国家資格ではありませんが、多種多様な形での就労が可能となっており、働く側と利用者のお互いのニーズに合わせた理想の形を求めることができる職業ではないでしょうか。

介護現場の体験談『ヘルパーとして気を付けていること』

学生時代からそそっかしいところがあり、早とちりで失敗してしまう私は、とにかく「人の話しをよく聞く」ということに気を付けています。
また、介護の仕事では高齢者の方と接するので、話しを聞くということも仕事のうちだと言えると思います。
高齢者の方の訪問介護サービスでは、私が伺うととても笑顔で迎え入れてくれます。
こんなにも私が行くことを待っていてくれた人は初めてだと思います。
そして、前の日にあったことやお孫さんの話しやテレビの話など、とても楽しそうに話してくれるのです。
そうした「誰かと話したい」という気持ちは高齢者にとってはとても大切で、「どうせ誰も話しを聞いてくれないから」などと思わせてはいけないと思います。
高齢者の方の立場に立って話しを聞いていると、仕事が捗らなくてイライラすることもなくなります。
自分のことばかり考えていると、自分には関係ない話しを延々とされ仕事の邪魔になるとさえ思えてきます。
それは絶対に態度に現れてしまうし、高齢者の方をがっかりさせてしまいます。
ヘルパーの仕事は、もちろん家事代行や生活介助もありますが、そればかりではありません。
「話を聞く」ということこそ、大切な仕事ではないかと思います。

介護福祉士・ヘルパー求人情報

《佐賀県鳥栖市》ヘルパー正社員募集
所在地

佐賀県鳥栖市

募集職種

ヘルパー

雇用形態

非常勤

業務内容

病棟での入院患者の介護業務及び付随する業務全般

応募資格

ヘルパー2級資格以上

勤務時間

(1)08:30〜17:00
(2)07:00〜15:30
(3)13:00〜21:30

給与

136,000円〜163,000円

 

《東京都台東区》ヘルパー正社員募集
所在地

東京都台東区

募集職種

ヘルパー

雇用形態

正社員:常勤

業務内容

ご利用者様の生活支援・介護業務

応募資格

ホームヘルパー2級以上

給与

189,500円〜
※ご経験により異なります

 

>>介護福祉士・ヘルパー求人が9000件超!失敗しない転職!