介護について@記事一覧

ホームヘルパーの仕事は、高齢者や障害者のお宅に訪問し、介護サービスや家事援助サービスを行うことです。介護サービスは、食事、入浴、排泄、衣服の着脱、移動などの介助を指します。また、家事援助サービスは、調理、洗濯、掃除、買物など、一般的な家事の援助や代行を指します。利用者やそのご家族への精神的ケアや、ご家族に介護のアドバイスを行うことも重要な仕事です。ホームヘルパーはその8割が非常勤職員となっており、...

高齢化が進み、介護問題は大きな社会問題となっています。介護現場は多様化が求められ、職員のレベルアップと共に人材養成が重要となっています。そこで介護に携わる人材養成の在り方が見直され、キャリアパスを分かりやすくしたことで、平成25年4月より「ホームヘルパー2級」が「介護職員初任者研修」へと移行されたのです。「ホームヘルパー2級」から「介護職員初任者研修」へ移行になり、「ホームヘルパー2級」の資格は廃...

介護は、「〇年〇月〇日に始まります」という風に前以て分かることではありません。ある日突然、急に始まるものです。ですから、いざという時に慌てないためにも、ある程度の知識を身に付けておきましょう。要介護状態になるには、それぞれに原因があります。高齢になってからの病気は風邪であっても甘く見てはいけません。こじらせることで要介護状態になるケースも少なくありません。ここでは、特に気をつけたい病気やケガについ...

高齢化が進み、介護問題が大きな社会問題となっています。介護が必要になるキッカケとして、ケガ、体の病気、心の病気などがあります。ここでは、認知症について考えてみましょう。認知症は、介護が必要な高齢者で2番目に多い原因となっています。認知症のことをどれだけご存知ですか?意外と正しい知識を持っている方は少ないのではないでしょうか。「自分には関係ない」と思っているかもしれません。しかし認知症は決して特別な...

高齢化が進み、介護問題が大きな社会問題となっています。介護が必要になるキッカケとして、ケガ、体の病気、心の病気などがあります。中でも認知症は、介護が必要な高齢者で2番目に多い原因となっています。認知症のことをどれだけご存知ですか?意外と正しい知識を持っている方は少ないのではないでしょうか。「自分には関係ない」と思っているかもしれません。しかし認知症は決して特別な方だけが患うものではないということを...

高齢化が進み、介護問題が大きな社会問題となっています。介護が必要になるキッカケとして、ケガ、体の病気、心の病気などがあります。中でも認知症は、介護が必要な高齢者で2番目に多い原因となっています。しかし、認知症について正しい知識を持っている方は、意外と少ないのではないでしょうか。「自分には関係ない」と思っているかもしれません。しかし認知症は決して特別な方だけが患うものではないということをまず認識して...

高齢化が進み、介護問題は大きな社会問題となっています。介護は突然やってきますので、ほとんどの方が何の用意もなく介護を受け入れなくてはいけません。介護の形はいろいろですが、特に大変なのは在宅介護でしょう。在宅介護においては、介護する側の負担も大きく、心身ともにひとりで行うことには無理があります。しかし、近隣に親族がいなかったり頼れる人がいない場合でも、介護は待ってくれません。介護保険を利用した公的サ...

在宅介護では、日常の様々な介助が必要となります。上手な介助は介護する側の負担も少なくなりますし、介護される側も快適な時間を過ごすことができます。健康維持には、3食の食事をしっかり摂ることがとても重要です。また、食事は日常の中でひとつの楽しみでもあります。加齢により、咀嚼力の低下、飲み込みが上手くできない、内臓の衰弱など、若く元気な人のように栄養を摂り込むことが難しくなってきます。少しの工夫で、お互...

在宅介護では、日常の様々な介助が必要となります。上手な介助は介護する側の負担も少なくなりますし、介護される側も快適な時間を過ごすことができます。入浴は、要介護者の清潔を保つだけでなく、生活の中での楽しみでもあります。一方で、『塗れた床での転倒』『浴槽で溺れる』『急な温度の変化による体調の変化』など、危険な要素も含んでいます。実際に、高齢者の入浴中の急死は年間1万人を超えています。入浴を生活の中の楽...

在宅介護では、日常の様々な介助が必要となります。上手な介助は介護する側の負担も少なくなりますし、介護される側も快適な時間を過ごすことができます。入浴できるときには必要ありませんが、場合によっては身体の清拭を行う必要がある場合もあります。また、要介護者の体調が優れないときや、介護者の体調が優れないときなど、次の入浴まで間隔が空いてしまう場合には清拭を行いましょう。特に夏はあまり間隔を空けずに清拭する...

在宅介護では、日常の様々な介助が必要となります。上手な介助は介護する側の負担も少なくなりますし、介護される側も快適な時間を過ごすことができます。健康維持には、口腔ケアは非常に重要です。1日3食の食事をすれば、それだけ口腔環境も変化します。食べかすが残ったままの状態は不潔になり、口臭や虫歯、歯周病の原因になってしまいます。また、食べかすが肺へと落ちて、誤嚥性肺炎の原因にもなり得ます。正しい口腔ケアを...

在宅介護では、日常の様々な介助が必要となります。上手な介助は介護する側の負担も少なくなりますし、介護される側も快適な時間を過ごすことができます。着替え介助は清潔に保つだけでなく、暑さ寒さに合わせて要介護者が快適に過ごすためにも大切なことだと言えますね。寝ている時間が長い場合でも、汗は意外とかいているものです。小まめな着替えは、その動作が刺激となって身体機能の低下を防ぎます。要介護者が自分で出来そう...

在宅介護では、日常の様々な介助が必要となります。上手な介助は介護する側の負担も少なくなりますし、介護される側も快適な時間を過ごすことができます。排泄介助は、する側にとってもされる側とっても、デリケートな問題です。俗に「下の世話」と言われ、される側は恥ずかしさも気兼ねもありますし、プライドを大きく傷つけられることもあるでしょう。する側にとってもその負担は大きく、決して簡単なことではありません。しかし...

在宅介護では、日常の様々な介助が必要となります。上手な介助は介護する側の負担も少なくなりますし、介護される側も快適な時間を過ごすことができます。歩行や起立が困難な場合、移動介助が必要になります。・ベッドからの起き上がり・立ち上がり・車椅子での移動など、日常の介護において移動介助は欠かせないことだと言えますね。介助には、要介護者の運動能力を低下させない工夫も必要です。『やりすぎ』は、避けましょう。移...

在宅介護では、日常の様々な介助が必要となります。上手な介助は介護する側の負担も少なくなりますし、介護される側も快適な時間を過ごすことができます。歩行が困難な場合、移動介助が必要になります。・杖や歩行器を利用した歩行・杖や歩行器なしでの歩行・階段の上り下りなど、日常の介護において移動介助は欠かせないことだと言えますね。介助には、要介護者の運動能力を低下させない工夫も必要です。『やりすぎ』は、避けまし...

高齢になると、毎日の家事が負担になりがちです。買い物や調理は負担も大きく、結果的に食事を適当に済ませる高齢者が増えています。また、運動量の減少も食欲不振の原因となり、栄養不足が心配されますね。栄養不足になることで筋肉が痩せ、体力が衰えることに直結し、さらに運動不足を招き食欲不振に繋がるため、悪循環となってしまいます。日常における規則正しい栄養バランスの取れた食事は、高齢者にとっても大変重要です。高...

高齢になると、毎日の家事が負担になりがちです。買い物や調理は負担も大きく、また咀嚼力や飲み込む力の低下など、結果的に食事を適当に済ませる高齢者が増えています。運動量の減少も食欲不振の原因となり、栄養不足が心配されますね。栄養不足になることで筋肉が痩せ、体力が衰えることに直結し、さらに運動不足を招き食欲不振に繋がるため、悪循環となってしまいます。日常における規則正しい栄養バランスの取れた食事は、高齢...

かつて老人ホームと言えば、とても暗いイメージだった時代がありました。今や老人ホームの存在は、余生を楽しく快適に過ごす場所というイメージにすっかり様変わりしています。介護施設や老人ホームには、いくつかの種類があります。ですから、いざ介護施設を選ぶ段階になると、迷いばかりで決められない方も多いようです。まずは、その種類を知っておきましょう。介護施設や老人ホームは、大きく分けると2種類あります。ひとつは...

かつて、老人ホームと言えば暗いイメージだった時代がありました。現在では、高齢者が介護施設や老人ホームに入所することは、決して珍しくはなく、むしろ入所待ちをしている方がいるほどです。それだけ、そういった施設が快適になり、家族との関係を良好に保つためにも役立っているということですね。また、さまざまな種類が存在し、サービス内容も大きく異なるため、ニーズに合った施設を選ぶこともできるようになりました。では...

かつて老人ホームと言えば、暗いイメージだった時代がありました。しかし近年、高齢化が進むとともに制度も変化し、多様なニーズに合わせた施設が一気に増えました。同時に介護問題に光が見え、家庭内における介護問題の解決にも結び付いているのではないでしょうか。とは言え、介護施設や老人ホームを選ぶときには慎重になりますね。評判の良い施設は空き待ちをする方も多く、なかなか思うところへの入所が難しい場合もあります。...

地域包括支援センターは、高齢者に関するお悩みに応えてくれる機関です。高齢の親御さんに変わったことはあった場合、まずは地域包括支援センターに相談してみましょう。まずはパンフレットをもらって予習をし、地域包括支援センターの機能を賢く使いましょう。パンフレットは、地域包括支援センターに直接出向いてもらいます。市区町村発行の「高齢者向けサービスを紹介したパンフレット」というパンフレットがありますので、それ...